11.28.2020

滋賀 三井寺へ行ってきました_あられ小紋と利休バッグ

 

こんにちはDay After Dayです。
滋賀県 三井寺(園城寺)へ行ってきました。

11月も後半、紅葉は見頃を終えているかもしれないけれど、三井寺へ行ってみよう!と思い立ち、出かけてきました。

三井寺というと源氏と深くかかわりのある寺院、先月訪れた宇治での橋合戦で活躍するのは言わずと知れた三井寺の寺法師さん達。筒井浄妙さんや一来法師、五智院の但馬さん達です。かっこいいですね!
そして、かの有名な近江八景 ”三井の晩鐘”。私が思いつくのはこんなところだったので、出発前にどんなお寺さんなのかなぁとHPを見てみると、なんと国宝が10点!重要文化財が42点👀と全国でも屈指の寺院なんだそうです。

また、長い歴史の中で、源平の争乱、南北朝の争乱などに遭遇し何度も焼き討ちにあいながらも、その度に苦難を乗り越え復活してきた不死鳥のお寺なのだとか。
すごい!ひばりさんやHarry Potterもびっくりだ! それは是非とも あやかりたい٩( ᐛ )و

平安時代から戦国時代で23回炎上したそうなんですが、そのうち延暦寺さんによる焼き討ちが14回なんだって ((( ;゚Д゚)))___Wiki調べ

ほかにも見所がたくさんで、1日ではとても周りきれないということで、今回の目的は”三井の晩鐘”と”弁慶の引摺り鐘”を見ること、と計画を立てました。が、現地を訪れてみると思いもよらない発見がありました。

京都東で高速道路を降り、逢坂山、蝉丸神社をすぎるとすぐに大津へ入ります。
そして琵琶湖疏水(ここからお山のトンネルを通って京都に琵琶湖のお水が送られます)を越えると三井寺への案内が見えてきます。

こちらが入口の大門です。最初の発見はこの門の近くに素敵なお蕎麦屋さんがあったこと。「開運そば」さん 美味しかった。🍜お写真失念いたしました😆 (発見って...⁈)



境内を歩いて行くと金堂(本堂)があり、その側に”三井の晩鐘”がありました。
みなさん鐘を撞いておられ、その度に荘厳な音色が♩私も撞かせていただきました😊


そして二つ目の発見は...

”弁慶の引摺り鐘”へ行く途中の池です。
鯉がたくさんいてエサをあげることができます。
そういえば.....上田秋成「夢応の鯉魚」という物語は三井寺の画僧が主人公なのです。それで鯉がいるのかも。(発見って...⁈😅)
しかも...今日合わせている名古屋帯は「夢」と染めてあるのです!偶然!何かいいことあるのかも😍(...ないと思います...なぜなら合わせる帯がそれより他になかったのだ)

この物語は雨月物語の中の1つで、主人公が鯉となって琵琶湖を泳ぎ、、、目覚めるとそれは夢で、、、。(続きはこちらでご覧ください→三井寺HP)
という物語です。私は雨月物語が大好で、とても嬉しくなりました。
といっても映画(溝口健二監督)と現代語訳パラパラくらいなんだけど^^;・・・。
(映画には夢応の鯉魚出てこないです)


ジャーンこちらが”弁慶の引摺り鐘”です。本当にキズだらけ!
この後ろにはものすごく大きなお鍋があってそちらは”弁慶の汁鍋”だそうです。
みんなで芋煮会できそうな大きさ。(お写真無くてスミマセン^^;)


そして、広い境内はこんな感じです。
お寺のキャラクター、べんべんさんには会えませんでした。会いたかったなぁ。


境内に本家力軒というお餅屋さんがあって、こちらのお店もとっても素敵でよかったです。美味しい!ロケーション最高!レトロな看板いい感じ!

こちらが名物のお餅です。お抹茶風味のきな粉がかかっているお餅で、細い棒のようなのはお砂糖でパキパキ⁈していて美味しかったです!😋


後半は観音堂の上の展望台まで登ってみました。
お天気はあいにく雲の多い日でしたが、遠くは比良のお山まで見えました。
近江八景が何箇所か見えているはず🔭


平日でも多くの方が来られていましたが、境内は広くのんびり散策できました。
こちらの寺院は想像以上に見所が多く、お庭や伝説、お寺の謂れにまつわるところや門前町も楽しそうで、なんども訪れたい場所の一つになりました。次は春が良さそうですね。

今回も着物でよろよろ参詣させていただきましたが、参道も歩きやすかったです。展望台へは長い石段ですが、角度も急ではなかったのでよろよろ上まで登ってみました。
琵琶湖が一望できる素晴らしい眺め、おすすめです😊

コーディネートはこんな感じ。紬縮緬のあられ小紋に、利休バッグは昨年試作で作った物。イタリアのウール生地を使用していて、ほっこりとした雰囲気です。

着物衿の道中着には、Webでみた”ひさえ紐”を縫い付け、着やすくなりました。
ひさえ様ありがとうございます。道中着Love♡




お目よごし失礼いたしました😆

いつもご覧くださいましてありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加中です。






”三井の晩鐘”ゴォ〜ンしましたョ。

11.23.2020

新作 利休バッグ_スモーキーPinkなFancy Tweedです

こんにちは、Day After Dayです。
先日より引き続き利休バッグをご紹介いたします。

こちらの利休バッグ、表地に使用しております生地は日本🇯🇵のファンシーツイードです!

ピンクとベージュの甘撚りの糸、銀糸入りの赤色の糸、淡い紫色のフラッグヤーンを横糸に、縦糸は細いグレーの糸で織られています。
近くで見ると銀色の糸が微かに光ります。
個性的な意匠糸を組み合わせてありますが、全体的に見ると、優しい雰囲気なところがこのツイードの特徴かと思います。

ごく淡い紫色フラッグヤーン、こちらがひらひらとしてファンシーツイードらしいボリュームがあります。

赤色の線のように見える糸は細い銀糸が撚られていて、こちらが微かに光ることで華やかな雰囲気です。ピリッとアクセントにもなっているようです。


サイドはコーラル色の無地を合わせてみました。ロービングヤーンがポコポコっと立体的な生地です。

持ち手、サイド部分とファスナースライダーはグレージュの牛革を合わせました。
ファスナーはシルバー色の樹脂ファスナーを。
内側はピンクベージュのシャンタン生地を合わせています。

いかがでしたでしょうか🤗
スモーキーな優しい色合いに出来上がりましたので春先までお使いいただけるかと思います。お時間がございましたらWeb Shopもどうぞご覧ください。

いつもご覧くださいましてありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加中です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村



11.20.2020

新作 キラキラたっぷりの利休バッグ_秋冬Fancy tweedです

こんにちは Day After Dayです。
ファンシーツイードの利休バッグが出来上がりました。

本日は写真手前のフランス🇫🇷のファンシーツイードを使用したバッグをご紹介させていただきます。

こちらはベージュ×ブラックの甘撚りの糸が格子に織られています。
黒の段には金糸、銀糸も入っていて、さらにスパンコール糸も織り込まれ、とても凝った風合いです。

加えてフラッグヤーンもふんだんに織り込まれ、ファンシーツイードらしい風合いがたっぷりです。白いフラッグラーンはピンク色と紫色がランダムに染まっています。

スパンコールは3mmくらいのホログラム加工がしてある小さなもので、動くとキラキラと光ります。

とても豪華で華やかなバッグになりました☆
これから寒い季節、着物のお出かけも増えてくるかと思いますが、コートや道中着に合わせると存在感たっぷり!と思いこの生地を選んでみました。
ダークな色合いですがラメ、スパンコールで可愛らしさもあり、様々な装いに合わせていただけると良いなぁと思っています🤗

持ち手の革はシボのあるマットなタイプ。

サイドには毛足が短く、筋のあるベロアを用いました。


内側はベージュのシャンタンです。


いかがでしたでしょうか?
いろんな国の様々な生地を使用してまいりましたが、この生地はまさにフランスのFancy Tweed!
繊細な意匠糸を大胆に組み合わせてあるところがとても気に入っております。

写真もたくさん掲載いたしましたので、お時間がございましたらWeb Shopもご覧いただけると嬉しいです。

それでは、いつもご覧くださいましてありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加中です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村



11.15.2020

京都 高山寺へ行ってきました_更紗小紋と利休バッグ

 

こんにちは、Day After Dayです。
京都 栂尾 高山寺〜♩へ行ってきました。

2014年、京都国立博物館にて開催された「国宝 鳥獣戯画と高山寺」という特別展を見ていつか現地を訪れてみたいなぁと思っていました。そしてこの秋、紅葉も見頃だし、着物でお出かけシリーズ(え?シリーズ化?サスペンス⁈(゚∀゚))にぴったり、と思いつき、出かけてみました。

もちろん事前に白洲正子さんの「明恵上人」も読んでからネ🙂📖

高速道路を降り京都市内から周山街道へと入ります。梅ヶ畑を過ぎ清滝川と合流するあたりまで走るとだんだんと紅葉も賑やかになってきます。神護寺を過ぎるとすぐ高山寺なのですが、ちょうどこの辺りは紅葉のトンネルのよう🍁 清滝川沿いの木々が紅葉していてとても風情がありました。

そうして高山寺に到着。表参道を入ると大きな石敷きがありもう少し紅葉が深まると落ち葉が絨毯のようになるようですよ。



左側 木々の奥に見えているのが石水院です。


国宝 石水院は鎌倉時代の建物で、明恵上人時代の唯一の遺構だそうです。

右側をぐるっと回って左手のお部屋に入ると鳥獣人物戯画や明恵上人像のレプリカ、子犬、などを見ることができました。


この建物は後鳥羽上皇から賜ったもので、もともと住居として作られているそうです。
なるほど お部屋はこじんまりとしていて、拝観というよりは、ちょっと休憩に来ましたよ といった感じでお庭やお山を見ながらのんびりと過ごせました。縁側のところでは、みなさんもゆっくりと景色を楽しまれていましたよ。

白洲正子さんものべられている通り、このお寺は美しい自然の景色を見るべき所だと思いました。そしてお寺までの道中 周山街道沿いは京の要害 愛宕山麓の三尾(高尾、槇尾、栂尾)が密接に繋がっているという事がよくわかり、いつかこの辺りの旧道を歩いてみるのも素敵だなぁと思いました。

こちらは境内の上の方にある金堂です。2018年の台風で甚大な被害をうけられたそうですがようやく復旧を果たされたそうで、境内全域を参拝することができました。


高山寺は「茶発祥の地」でもあるそうで、左側 石垣のところが茶園です。

お山のお寺ですのでこんな石段もあります。こちらの写真の石段が一番急でした。


高山寺というと有名なお山の古刹、着物でもいけるかなぁ。。。だめそうなら撤退〜!くらいの気分で出かけてみましたが、結果 私は金堂まで歩いて行ってしまいました。ただ、足元はEVAのお草履にしてよかったなぁと思っています。
あれは確かにお草履界のスニーカーですね!みなさまご愛用されているワケだ^ ^

コーディネートはこんな感じです。裾さばき優先で。
更紗模様の小紋、バッグは以前製作したインドシルクの素朴な雰囲気の利休バッグです。

モミジの木が頭から生えている。。。そっとスルーでお願いします。
お目よごし 失礼いたしました🙂


帰宅して高山寺のHPをみていると”デュークエイセス「女ひとり」にも登場する”とあり、ふむふむ聞いたことあるかも と調べてみました。
京都 大原 三千院〜♩という有名なお歌の2番に歌われていて、さらにびっくりしたのがこのお歌、着物のお歌でもあったのです!

1番  大原 三千院 → 結城に塩瀬の帯
2番  栂尾 高山寺 → 大島紬につづれの帯
3番  嵐山 大覚寺 → 塩沢がすりに名古屋帯

だそうですよ。面白い!知ってたら大島紬で行ったよね!持ってないけど〜🤣

そんな、休日のDay After Dayでした。

いつもご覧くださいましてありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加中です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村



11.10.2020

利休バッグ製作中です_ファンシーツイード

こんにちは Day After  Day です。
現在製作中のバッグをご紹介させていただきます。

今回は日本🇯🇵とフランス🇫🇷のファンシーツイードを使用しています。
一番手前のベージュ×黒×スパングル のものがフランスの生地です。意匠糸がたっぷりの肉厚の生地ででラメ糸とスパンコールが織り込まれています☆
今週はグッと冷え込んできましたが、これからさらに寒くなってくるとキラキラが引き立ちそうだなぁと思います🎄🎄🎄

バッグのサイド部分もファスナーがついて只今こんな感じです。
どれもバイカラーにしていますが、みなさま どの組み合わせがお好みですか?🤗
革の部分は持ち手の形と揃えています。


今回も持ち手は革を使用しています。

それでは今週の作業の様子でした。

いつもご覧くださいましてありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加中です。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村